Profile

Kosuke YAMAWAKI  Japan,live in Tokyo/山脇紘資 千葉県生まれ。東京在住

img_5525

東京藝術大学大学院美術研究科修了

ペインターとして絵画を制作し、国内外で展覧会を多数開催。

BEYOND THE BORDER ,Tangram Art Center ( 上海・SHANGHAI)の展覧会では世界的に活躍する Zhou Tiehai や石内都らと展示を行う。

2018年には香取慎吾らと共にグループ展 “NAKAMA de ART” を開催。同年6 月に公開された犬童一心監督作品『猫は抱くもの』では美術の監修や指導などを行う。

企業のアートディレクションやCM も手がけ、音楽作品も制作している。

 

[ステイトメント]

「動物を纏った”動物達”」

人にとってこの動物顔達はフィクションであり、仮面であり、鏡のような存在です。動物は自己の表情を

意識しない代わり、その表情はプリミティブで、鑑賞者の感情や深層心理を映し出す非常にフラットな

存在です。これは動物の姿を借りた、私達人間のポートレートそのものなのです。

役者や遊女を間近で観たい、眺めたいという欲望は江戸時代に大首絵を生み出し、更にそれを顔に焦

点を絞りクローズアップさせたのが大顔絵です。そこから更に顔面をクローズアップすると瞳に焦点が

絞られ、円形のシンメントリーに近いその瞳の先にはまるで無から生まれた宇宙のような美しい空間が

広がります。そして再度、その美しい空間をクローズアップすると今度はそこに沢山の”新たな観るべき

個”が存在しているのかもしれません。

円形やシンメントリーには輪廻や無限の可能性を感じ、それを纏った美しい瞳にいつの時代でも人は

吸い込まれてゆくのだと思います。特に動物の瞳からはそんな宇宙を常に感じてしまうのです。

また、”観る”という行為は同時に”観られる”という事でもあります。対峙(たいじ)する鑑賞者の面(ツラ)

と作品の面の距離はより密接に、どこか対等な存在となり、最後は人間と動物の境界線が曖昧なもの

になります。作品が持つ、動物であるという意味を超越して初めて人間として、生き物としての”リアル

な生の記録”がそこに生まれるのです。

美しい瞳を持つ動物を纏った”動物達”は不思議な違和感と共に私達をいつまでも見つめ続けています。

 

[学歴]

2012年 武蔵野美術大学油絵学科卒業
2014
年 東京芸術大学院美術研究科絵画専攻第七研究室修了

[個展]

2010 俺の国 / WORLD IS MINE!!! ZEIT-FOTO SALON・東京)

2016  ookk」(H.PUZZ-LE.FRANCE WINDOW GALLERY ・東京)

[グループ展]

2009 (NODAcomtemporary北京)

2009 不死鳥と雉鳩真夏の夜の夢2-,(CASHI・東京)

2009 AsianYoungArtist,(space355・東京)

2009 2MAN show(shengling gallery・上海)

2010 BEYOND THE BORDER ,Tangram Art Center (上海)

2011 母船を離れて / The Fruits of Adventures (ZEIT-FOTO SALON・東京)

2012 五美大展 (新国立美術館・東京)

2012 武蔵野美術大学卒業制作展(武蔵野美術大学・東京)

2012 優秀展 (武蔵野美術大学美術館・東京)

2012 太郎かアリス (東京芸術大学油画GALLERY・東京)

2012 ジェロニモ展 (ターナーギャラリー・東京)

2013 山脇企画グループ展 PORTRAIT MEGUMI MGITA GALLERY・東京)

2014 東京芸術大学修了展(東京藝術大学美術館・東京)

2014 a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内 2014(丸ビル・東京)

2014 Supernatural」(MEGUMI OGITA GALLERY・東京)

2016 Tombow Pencil Co.,Ltd Art Directions

2017 Tombow Pencil Co.,Ltd Art Directions (第2弾)

2018 NAKAMA de ART(帝国ホテル・東京)

2018 puzz-le」(falo・東京)

2019 2MAN show (Yahoo!・東京)

 

[About Face Series]

「“Animals” dressed as Animals」

For human beings, these animal faces are fiction – they are like masks and

mirrors. Animals are not conscious of their own visages. What they give us

are expressions that are primitive, flat existences which reflect the feelings and

psychology of the viewer. They are portraits of human beings in the guise

of animals.

The desire in Japan to see and gaze at actors or courtesans from a close-up

vantage point produced the “Okubi-e” (close-up portraits) style of painting

in the Edo Period. Another style that developed in the same period was the

extreme close up of the face called “Ogao-e”. When a viewer is confronted with

a portrait at such an intimate distance, the focus inevitably veers towards the

eyes. The almost perfect circular symmetry of the eyes invites one to look

beyond into a beautiful space born from the universe itself. This space

describes something of the human condition, a place where individual

substances can and must be viewed in order to gain real understanding.

In circular forms or symmetry, we can feel the cycle of reincarnation and infinite

possibility. People have always been drawn to the beauty represented in circles,

and I feel that the eyes of animals in particular offer a glimpse into that distant

universe.

Finally, the act of seeing is also to be seen at the same time. When looking at a

painting, the distance between the face of the viewer and the face of the

work become closer. They are equal existences. In the end, the boundary

between human beings and animals becomes ambiguous. The reality of living

as a human being is understood only after you transcend what it means to be

an animal.

“Animals” dressed as animals with beautiful eyes continue to gaze at us with a

strange feeling of discomfort.

 

 

[Educathion]

2012-2014 MFA, Oil Painting Course, Tokyo University of the Arts, Tokyo

2008-2012 BFA, Oil Painting Course, Musashino Art University, Tokyo

[Solo Exhibition]

2016  「ookk」H.P.FRANCE WINDOW GALLERY ,Tokyo

2010 「wold is mine」ZEIT FOTO SALON,TOKYO

[Selected group Exhibitions]

2016 Tombow Pencil Co.,Ltd Art Directions

2014 「Supernatural」,MEGUMI OGITA GALLERY,Tokyo

2014  「Art Award Tokyo Marunouchi 2011」, Gyoko – dori Underground Gallery, Tokyo

2014  「Graduation Works Exhibition, Tokyo University of the Arts, Tokyo

2013  「”PORTRAIT”」 MEGUMI MGITA GALLERY,Tokyo

2012 「Excellence」,Musashino Art University, Tokyo 

2012 「Graduation Works Exhibition」, Musashino Art University, Tokyo

2011   「The Fruits of Adventures」 ZEIT-FOTO SALON,Tokyo

2010 「BEYOND THE BORDER」,Tangram Art Center,Shanghai

2009 「Three Man Show」,shengling gallery,Sanghai

2009 「Asian YoungArtist」,space355 ,Tokyo

2009 「The Phoenix and the turtle」,CASHI,Tokyo

2009 「Jeong Ja Young / Yu Kiwanami / Kosuke Yamawaki Exhibition」,NODA CONTEMPORARY,Beijing